ブログトップ

kaleidoscopeⅠ dall'atelier del granito

カテゴリ:ピアノ( 3 )

ピアノ発表会2019に向けて

Leoもすっかり大きくなりました。
スイミングスクールは今年3月で晴れて卒級し一旦辞めました。
5才からお世話になったコーチには「中学生になったら戻っておいでね」と言われ、
中学受験が終わり次第再びプールに戻る予定です。
・・・中学受験するか否かはまだ未定ですが。

英語については、、
2歳からインターナショナルスクールに通い、
4歳~8歳まではアフタースクールなどで英語に触れて過ごしたのに、
今となってはEnglishのスペルすらまともに書けません💦
本人は英語は中学生になったらAIEに行かせてくれと言っているので、
私はただ今パート代を貯金中💦
ピアノと書道は今も喜々として通っています。

そのピアノですが、、受験を前に一旦辞めようとしたのです。
しかし、経験豊富な先生の受験へのご理解とアドバイスにより、
昨年4月からは月に2回だけ個人レッスンを受けています。
このことによって彼にとって無理なくピアノを続けていられる状況をキープ。

自宅の練習時間が確保できないので、
ソルフェージュ、ハノンやバッハのインヴェンションなどは中止。
これにより運指が甘くなり打鍵音のバランスが悪く、、本人も苦労しています。
基本的に彼の好きな曲や季節や行事に合った選曲で練習しています。

1年前に発表会を終え、その時は、

独奏  「華麗なる大円舞曲」(ショパン作曲)
連弾  組曲『くるみ割り人形』より『行進曲』(チャイコフスキー作曲)

をスタンウェイで弾かせていただき、本当に楽しく演奏できました。
特に連弾は私が低音部を演奏しましたが、発表会前ひと月前に左耳の急性中耳炎にかかり、
私の耳はまさに割れた鐘の中でピアノ練習をしている状態となり、まぁ大変なことになりました。
鼓膜切開するとあんな共鳴の渦の中で生活することになるんですねえ。
もう2度と経験したくないものです。
そして、次回の発表会は息子のレベルと私の技量が合わなくなってくるだろうからと、
これが最初で最後の母子連弾でしょうね、と先生もおっしゃったのに、のに。

次の発表会も息子の独奏と私との母子連弾(暫定的に、と思いたい💦)に決定した模様。
予定では、

独奏  ピアノソナタ第8番『悲愴』第2楽章、第3楽章(ベートーベン作曲)
連弾  ピアノ協奏曲第1番(チャイコフスキー作曲)

を同じスタンウェイ使用予定で練習始めました。
ソナタは第2楽章は昨年から取り掛かって完成したので、
第3楽章のブラッシュアップと忘れないよう、飽きないよう、
自分らしい演奏を心掛けて仕上げる予定です。
もう、楽譜を読めだの基礎がどうのと言わず💦
塾の大量の宿題&勉強の良い息抜きになればいいです。。(先生、ありがとうございます)

ちなみにピアノ協奏曲のピアノ連弾はただ今ハ長調で練習中、、( ´,_ゝ`)プッ



[PR]
by angela_angelo | 2018-05-31 19:33 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

12月のピアノ

a0103858_09405009.jpg



暖かい冬だなぁ~と過ごしていたら、急激な冷え込みに身震いする今年の師走。
秋に壊れたパソコンをやっと買い替え、数か月ぶりにあれこれ検索し、情報をまとめたり。
主に息子の今後のピアノについて探っています。

息子のピアノレッスンは、アドヴェントに入り、通常の課題曲を2曲お休みし、
『星に願いを』『アヴェ・マリア』を練習しています。
クリスマスには仕上げに入った(先生には合格点を頂いたが、練習をさぼったら指が動かなくなってしまったのがショックだったので自主練習中の)『トルコ行進曲』(モーツァルト)と、
この2曲を加えて演奏会をしようと思います。

私は『星に願いを』を息子のピアノ伴奏で歌うため、練習中。
ちなみに観客&拍手係は旦那担当。
[PR]
by angela_angelo | 2015-12-15 09:40 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

2年生(8才)

a0103858_18130592.jpg



息子は年中(5才)3月からピアノを始め、今年で丸3年になります。
今日も嬉々としてピアノレッスンに行きました。
優しくて品のあるピアノの先生が大好きで、ピアノに通うのはとても嬉しくてしょうがないようです。
でも、家でのレッスンは私は鬼です、ハイ。
息子の練習に付き合う苦痛にも慣れてきましたが、ワタシ白髪も増えました。

ピアノ進度忘備録

今月から取り掛かる教則本

 *こどものピアノ名曲集5(ソナチネ程度)
 *ピアノソナタアルバム1

継続中の教則本など

 *全訳ハノンピアノ教本
 *やさしいソナチネアルバム1
 *こどものためのブルグミュラー〈25の練習曲)
 *チェルニー20番
 
 *子供のためのソルフェージュ
 *あたらしいおんがくのれんしゅう 小学2年
 *新版おんがくドリル4

今月から息子にとってはかなり早すぎるのでは??
と思えるソナタアルバムを練習すると聞いて驚きました。

どうやら、
「このソナタが弾きたくてピアノをやってるから、やってみたい!!」
と息子が先生に懇願したとのことです。

夜に先生から電話で連絡があり、ことの次第の説明を受けました(苦笑)
1オクターブ同時に弾くところはまだ指が届かないので1音だけを強く響かせるつもりです、
モーツァルトの「トルコ行進曲」も同時に練習して、1オク ターブに慣れましょう、とのこと。
憧れの曲となれば、息子の頭にはフレーズがしっかりはいっているので、
楽譜を見なくてもさらりと弾けるようになりましたが、それではやっぱり勉強にならないので、
1音1音譜読みしながら、ゆっくりゆっくり練習するよう言い聞かせつつ、やっぱり鬼母指導してしまいました。

今週も濃い内容の充実した1週間でした。
よくがんばった!おつかれい!!
[PR]
by angela_angelo | 2015-10-02 18:12 | ピアノ | Trackback | Comments(0)

日々のメモです。旅日記はkaleidoscopeⅡ、過去ブログBedouin Cafeへはエキサイトブログリンク内からどうぞ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30