ブログトップ

kaleidoscopeⅠ dall'atelier del granito

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

完成間近

a0103858_1019585.jpg


久しぶりのブログ更新です。

いきなりの息子近影、しかも特大で失礼しました。
Leoは1歳を過ぎるころから、私が化粧をすることに興味津々で、私が鏡台に座ると「トトト…」と寝室にやってきて膝にちょん、とのります。そして、化粧パフでほっぺをパフパフパフ…化粧筆でゴソゴソ。小さな人差し指でリップバームをすくい、小さな小さな唇にちょんとのせます。
昨日はレースのヘアバンドをみつけ、私がつけたところを「ちょーだい、ちょーだい。Leoくんも~」とねだり、つけてやりました…。
まだトドラーさんだもんね、かわいいなぁ。(いや、ちょっと問題あり?)

さてさて、7月から着工した我が家が今月末やっと完成です。
昨今の建築事情と比べるとずいぶんのんびりと時間をかけて作りました。
それにはいくつかの理由があります。

一つには、できるだけ天然素材を使うこと。これには私が日本画の画材をこよなく愛する理由のひとつである「岩絵具や膠(にかわ)」は水に溶けることと呼応したかったことがあります。そのため、壁は漆喰を使い、ビニールクロスなどは一切使いません。クロスを張るときに使う揮発溶剤を使っていないので、化学製品や揮発溶剤の匂い無し。無垢の木は↓画像のように明るい天然色なので、これに「柿渋」を何度も塗り、深い色合いを出しました。

他の理由については別エントリーします。

a0103858_1019581.jpg


↓が1か月前の画像。
ベランダの凸凹デザインは、私が最もこだわった部分。…納得いく形になるまでいろいろありましたが、スタッフのOさんの采配のおかげでスッキリ!完成!
階段手すりはOさんが鉄工所まで足を運び、作ってもらいました。近くのホームセンターで黒の塗料とストーン調塗料を手に入れ、それらを使ってちょっと地中海寄りのデザイン?に。ごついアイアン素材が柔らかいアールを描いてます。ストーンのざらっとした手触りがアイアンの冷たさを緩和し、アンティークのような感触です。すごいよ、Oさん。

a0103858_1019577.jpg


実はこの画像は2階のリビングです。日当たりを考慮するとこの間取りが一番でした。腰痛もちにはちと辛い、かな。いや鍛えたるぞ~。
小さな土地を有効利用しているので、とても小さな家です。なので、大きな家具はおけません。その代わりOさんや建築士の先生が知恵を絞り、大工さんたちによって作り付けの家具を作ってくださいました。家のあちこちに収納の引き出しがあります。

なんといっても低予算の家です。しかし工務店のスタッフの方々、建築士の先生、大工さんや超絶技巧の左官やさんのおかげで、しっかりした躯体である上に地球環境にもできるだけ配慮(これは別記します♪)した家になりました。
実は、柿渋塗りはOさんはもちろん私や夫、京都の友人IくんやGちゃん、一部息子やその友達がやりました(笑) 柿渋ってかなーり独特の匂い(銀杏の実のよう?)がして、嫌がる人も多いとか。男の人で嫌がる人は多いみたい。なのに、なのに、みなさんよく塗った!頑張った!ありがとうございます!
これを塗っておくことで、無垢に自然な退色したような色合いと艶が出ます。防虫にもなるとか。なんせ、床(ここはアカシア材)以外のシンゴン材にはぜーんぶ塗ったので、ほんと大変でした。しかも、今日も私は柿渋塗り作業します(笑) 

さてさて、がんばるぞー。
季節は夏から冬へ。4か月以上もかけて産まれた新しい我が家。
新しいステージで迎えるクリスマスとお正月が楽しみです。
多分、ぐーーーったり寝正月だろうな~。

あ、希望者には随時柿渋塗りを体験できますよ?
[PR]
by angela_angelo | 2010-11-24 10:19 | | Trackback | Comments(6)

句切

前回、バッテリー切れの記事を投稿したあと、とうとうパソコンもブラックアウト。
コメントの返信がきちんとできなくて申し訳ありません。
パソコン購入したら、改めてお返事しますので、よろしくお願いします。
[PR]
by angela_angelo | 2010-11-06 13:08 | ワタシ | Trackback | Comments(0)

日々のメモです。旅日記はkaleidoscopeⅡ、過去ブログBedouin Cafeへはエキサイトブログリンク内からどうぞ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30