ブログトップ

kaleidoscopeⅠ dall'atelier del granito

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

まずはお味噌から

a0103858_1733611.jpg


こだわりの有機食材で作る、手作り味噌セミナーに参加した。(一番手前が私の味噌樽!)
講師は茨木市で有機食品を扱うお店を営むIさん。
島根県で有機栽培された大豆や天日塩、有機米で作られた麹だけを使う。

いやいや、面白かった!
お互い初対面だけど、「身体にいいものを食べたい!」を共通項に集まった人たちには、
はじけるような強い「気」が溢れ、さぞかしいい味噌ができるに違いない!と確信した。

麹と塩をもみこみ、煮大豆を手のひらで潰し、熱々のそれらを混ぜ合わせ(熱かった~!)
味噌玉を作り、塩をまぶした樽の底にぶつけて空気を抜き、それを繰り返して平らにする。
味噌を平らにならした上に塩をふり、竹皮を敷き、蓋をする。

熱々の食材をぎゅっぎゅっと潰したり丸めたり、
冷たい麹に温かな(そう感じた)塩をまぶし、さらさらにしたり、
ひさしぶりに豪快な手作り感覚を味わい、とても達成感ある作業だった!
春夏の熟成期間を経て、初冬に美味しいお味噌ができるはず。楽しみ!!

実は、昨年もチャレンジしようと同セミナーに申し込んだけど、
産後の体力不足とタイミングが合わず断念した。
今回はやっとそのときの悔しさを払拭できて、さらに満足。

お味噌を仕込んだ後は、昨年仕込んだお味噌を使ったアレンジ料理の数々を味わう。
下手なお出汁を入れなくても、美味しいお味噌に湯を注ぐだけで十分美味しいスープを味わえる。
味噌って、、、こんなに味わい深い調味料だったんだ。
これを機会に、様々な有機食材を使った調味料作りができたらいいなぁ。



私は今まで実家から送られてくる自家栽培の有機野菜や味噌を口にしてきたが、
昨年、母が大怪我をしたことから畑に出ることが減り、それらを食べる機会が激減した。
父母たちも年をとり、70代に入ると体力もぐんと落ちた。

今年の冬は、父母に私の初めての手作り有機味噌を送りたい。
[PR]
by angela_angelo | 2010-01-30 17:33 | | Trackback | Comments(4)

愛が死ぬとき




“Love never dies a natural death.
It dies because we don't know how to replenish its source.
It dies of blindness and errors and betrayals.
It dies of illness and wounds; it dies of weariness, of withering, of tarnishing.”


愛は決して自然には死なない。
愛はその源を一杯にするやり方を知らないから死ぬ。
愛は盲目や過誤や裏切りで死ぬ。
愛は病気や怪我で死ぬ。
愛は疲れ、萎み、色褪せで死ぬ。


                   Anais Nin




深くうなずく日。
しかし、それは「一過性の性愛なのではないか」と思う。だから死ぬ。

愛は「一過性の愛」のように脆くはなく、永久不変なものだと思う。
愛にも骨と血があり、立派な体躯を成し、エネルギーを放出するものだと思う。

健全な人間であることが難しい現代だからこそ、細胞レベルの「愛」の定義が必要だ。
[PR]
by angela_angelo | 2010-01-25 14:44 | | Trackback | Comments(4)

テレビ事情、音楽事情。

a0103858_22205768.jpg産後、気づけばテレビ番組がとてつもなくつまらなくなっていた。ずっと前のお笑いブームやらの残り火に、無理やり古い油を注いで辛い笑いを引きずっている感じ。お笑いもこれほどすたれると、行き着くところまでいったなぁ。大地真央のパー子には笑ったけど。
a0103858_2220577.jpg

息子が夜の8時前には就寝してくれるので、夜の時間が劇的に増えた。テレビはつまらないので、妊娠後期から撮りためていたドキュメンタリー映画や「風林火山」(NHK総合)、ポアンカレ予想などの数学者らの記録番組、イタリア語のテレビ(イタリアヴェネツィアの画像みたさ)などをダラダラつけては、たまに削除。ハードディスクの整理。

今夜は特に何もするつもりもなくぼんやりしたいので、脳に外部から振動を送り、軽く遠心。ウード奏者、常味裕司さんのCDを聴きながら沈潜。

ジャケット内のイラストが可愛らしい。現代アーティストによるものか?
ワタシの日本画師匠のミニアチュール世界を彷彿させる。
CDの表面にもサンドブラストの工芸品のようなシルエットが。↓

a0103858_22205873.jpg

[PR]
by angela_angelo | 2010-01-13 22:20 | | Trackback | Comments(0)

a0103858_15222265.jpg


年末からペーパードライバー教習を受けている。
スゴイライセンスをお持ちの教官によるマンツーマン+自家用車教習。

教官S先生とは、毎回芦屋浜までドキドキ☆ドライブを楽しんでいる。
もちろん、運転中は「ど」が付くほどまじめな会話がメインだが、
教習も3回目になってくると、お互い好きな車の話や子供の話で盛り上がっている。
最近は、先生の言葉遣いの中に「京都弁」が混じっているのを指摘すると、
やっぱり奥様がみやびな京女さんとのこと。
京都の話題ももりもりと盛り上がる。

あっという間の2時間だが、回を経るごとに短く感じる。
一応、次回で最終回だが、これからも一緒にドライブしていただきたいくらいだワ☆


画像は、ママ友の旦那様からいただいた欧州&露西亜出張のお土産。
右が私のキーホルダー。左がBMW本社で購入してくださったという最新モデルのキーホルダー。
どちらをつけようか迷っている。とりあえず、今は二つともお守り代わりに。

ちなみに、このママ友も同じ教習を受けて、息子ちゃんの園送迎に向け練習しているらしい。

…ところで、86レビンが復活するらしい。
楽しみ。夫はコレに乗って大学通学していた。
その後は舅が乗っていた(笑)
[PR]
by angela_angelo | 2010-01-05 15:22 | ワタシ | Trackback | Comments(4)

第一歩

a0103858_13395979.jpg


元旦はいつもの弓弦羽神社に参拝。
例年は人ごみを避けて2日か3日に参拝していたが、
今年は張り切って参拝の長蛇の列に並ぶ。

もちろん、Leoが小雪舞う寒風の中じっとしているはずもなく、
夫の手を引いてどんどん境内のほうへ行って、、、あら、屋台でベビーカステラ買ってもらってるし。
お参りもまだなのに、ぱちあたりめが~。

骨まで沁みる石畳に30分並んだ体を温めに、
近所の神戸屋ベーカリーのレストランで早めの夕食。
普段、神戸に居るとその国際色の豊かさのせいか、
『日本』的なものを感じることが少ないが、
この日ばかりはお子様ランチの日章旗に、昭和的懐かしさと「日本」を感じる。

夫はここ数ヶ月間、ずっと最終電車の深夜帰宅と早朝出勤が続き、
心も体もクタクタな様子。
肺炎&インフルエンザにも罹患したし、見ていてこちらが心苦しくなる。
しかし、40歳になって授かった息子のためとなると、気合も入るようで、
年末にはやっと念願の土地を購入した。

土地の売買契約が終わったらもう大晦日。
途中、不安なこともあったが、今回の土地の件は順調にコトが運び、
偶然にもこの弓弦羽神社近くに土地購入することになった。
本当はこの住み慣れた場所を離れたくないが、
土地はなかなかタイミングよく市場に出ないので仕方がない。

これも神社のお導き?と解釈し、今年は善い家を建てられるよう、
建築関連の勉強などしていこうかな、と思っている。
[PR]
by angela_angelo | 2010-01-04 13:39 | | Trackback | Comments(4)

あける

2010年、あけましておめでとうございます。
今年もマイペースでエントリーしていきます。
よろしくお願いします。
[PR]
by angela_angelo | 2010-01-03 13:51 | | Trackback | Comments(2)

日々のメモです。旅日記はkaleidoscopeⅡ、過去ブログBedouin Cafeへはエキサイトブログリンク内からどうぞ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31